小田原お刺身日記

2018年海の日に始まった「箱根のふもと」暮らし。毎日のように食卓に登場するお刺身を記録したくてblogを始めました。地物は相模湾で、最寄り漁港は早川です。

旅の途中で思うこと

f:id:osashimidiary:20190618220647j:plain

かつお、まぐろ、トリ貝

 

旅先では出来るだけ、その土地のものを食べたいと思います。

全国に流通しているものは美味しかろうとどこででも食べられるし、食材を通じてその土地に出会える、わくわくする楽しさがとびきり好きです。

 

小田原の地物にこだわる気持ちが若干薄れてきたこの頃。今日のお刺身は産地にこだわらず選びました。

旅行気分から抜けてきたのかもしれません。

来月、この土地に暮らして1年の記念日が来ます・・・!!

最愛の地蛸(南知多産)と小田原の弱点

f:id:osashimidiary:20190611194010j:plain
蛸は地蛸が一番美味しいと思う。北海ダコはぷよぷよだしモーリタリアのは弾力がない。

小田原ではとんと見かけない地蛸。
他の蛸とは別物の美味しさなのに、みんな、なぜ無くて平気なのか・・・!!?
佐島や小坪や走水という名産地も近いのに、
小田原市内の店頭で見かけたことがない・・・涙。

(わたしに獲れたてのタコを送ってくれ電話越しにオンタイムで下処理を教えてくれた走水のおばあちゃん、お元気でしょうか)

南知多の地蛸は、若干大味で柔らかめ食感なので、
わたし本来の好みとは少し違うのだけど、
名古屋に寄ったついでには絶対にタコを買って帰る!と決めていた。
美味しいよおおおお

東京は近所のスーパーで天草産の食塩と緑茶で茹でてあるだけの最高のまだこも買えたのにー。きい。
それより高い値段でモーリタリア産のタコが並ぶ小田原の不思議よ。

鯵が美味しい理由

f:id:osashimidiary:20190606194246j:plain

軽く酢締めした地鯵と庭で採れた大葉、かいわれ大根

冷蔵庫には、おととい買った、今日まで賞味期限のお刺身用の鯵があり。

まだ明るいうちに、研究所をでて、夕食用の大葉を庭で収穫できるこの幸せ。

 

「鯵が美味しい」

という地域は実は日本各所にあります。

だから特段の特徴とはなりにくいのだが。

この「鯵が美味しい」という価値の底しれなさに気付きつつあるのです。

 

鯵が美味しいと言われる地域で暮らしてみて、

わかったことがあります。

 

鯵が美味しい地域はおそらく、若干boring気味です。

日常は平和で、突出した何かはない。

 

だから。自分に集中することができる。

その効果は満ち満ちている。

 

15分毎日英語を学び続けた2年後に見違える語学力が身に付くように、

ちょっとした弾みで打ったドラッグが人を壊していくように、

「習慣化」には、地味な顔して生きかたの軸を変える力があります。

 

この「平和で毎日幸せを感じる若干boringな生活」の習慣化の果てにも、

きっと何かがあるのだろうなと。

 

タカベと沖タカベ(ウメイロ)、もちろん地物✨

f:id:osashimidiary:20190604195233j:plain

地タカベのお刺身と路地胡瓜、新タマネギ、手前味噌と

 

タカベさん。こんなにも脂が乗ったコクのある魚だったとは!

軽く火を通したら、もっと旨味が濃くなりました。

 

昨日は、沖タカベを一里庵さんで見かけました。

「ムニエルにするとうまいよ」と言われたので、

その通りに(笑)もうねー、ムチムチでつるっとしてて・・・

その美味しさは、お刺身超えてた。

(科学的には当然のことながら驚くうまさっぷり)

 

タカベの美味しさと出会った、2019年の初夏であります。