小田原お刺身日記

2018年海の日に始まった「箱根のふもと」暮らし。毎日のように食卓に登場するお刺身を記録したくてblogを始めました。地物は相模湾で、最寄り漁港は早川です。

遅くなった日の夜ごはん

帰宅が遅くなった日に、近所のスーパーで地元のお刺身が残っていると、たいへん幸せです。

今夜は、イナダ(真鶴産)か鯵(小田原産)かの選択肢があり✨、鯵を選びました。

ココナッツオイルで、インゲン豆6本と、お友達から頂いた中振りのナス1本を素揚げして。

鶏むね肉の唐揚げとビール。
お腹いっぱいです。

休漁明けの日の花鯛(小田原産)

f:id:osashimidiary:20190819074230j:plain
台風10号の影響で休漁が続いていました。

土曜日にようやく再開したのですが、

「二宮と大磯は、まだ網を入れられなかった」

そんな土曜日に出会った貴重なお刺身です。

日曜日は臨時休業する(魚が少ないから)と言うので、2日分のお刺身を購入しておき。

薄い塩水でしめておいた花鯛を、

きゅっと頂いたにちようび。

早川のながやさん

f:id:osashimidiary:20190819214639j:plain

歯応えの良さが堪らない蕎麦

蕎麦つゆは今ほど甘く無いほうが、合うのではと自分の好み的には思う。

f:id:osashimidiary:20190819215540j:plain

冬瓜と豚バラ肉、染付けの器

可愛い。。煮汁まで飲み干しました(笑)

f:id:osashimidiary:20190819215923j:plain

幸平釜(岐阜)の器と

三日ぶりに漁が再開でき、小田原漁港に水揚げされた、花鯛(酢締め)、ソウダガツオ、鯵。爽やか。

f:id:osashimidiary:20190819220953j:plain

黄瀬戸と瓢箪型に菊の花の印判染付

 

からりと揚がったトウモロコシとささげ

 

気になっていたお店をようやく訪れることができました。

paddler-shonan.com

真鶴の二藤商店さんのお刺身と、えぼ鯛の唐揚げ

 

f:id:osashimidiary:20190817202108j:plain

左上からキンメ、まぐろ、赤いか、サヨリ、太刀魚、鯵

そして、下田豆腐店さん最後の日のおからで作った卯の花(冷凍してあるもの)。

お刺身はどちらかの奥様の依頼で作られたお刺身の残りから作られたものだったらしく、ラッキーでした。二藤商店は、真鶴でたいそう愛されているお魚屋さんです。

 

twitter.com

 

えぼ鯛の唐揚げは頭までバリバリといただけます。

美味しかった(写真なし)

f:id:osashimidiary:20190817202611j:plain

根府川駅の景色、海と月

この風景が日常生活であることの幸せに胸が熱くなります。

夏休みそのもののような夕餉

f:id:osashimidiary:20190812212723j:plain

お魚屋さん一押しのシマアジ(伊豆産)、イサキ、赤いか、甘鯛、黒ムツ、マグロ

この殺人的な暑さの中、旧友の来訪のため、お刺身を買いに行きました。

(ほんとうに命の危険を感じるほどの暑さ。。)

 f:id:osashimidiary:20190819185350j:plain

前日煮付けたのどぐろの卵、

箱根板橋にあった名店、下田豆腐店さんの最後の日のおからで作った卯の花、

そして胡麻豆腐とオリーブ。

f:id:osashimidiary:20190819185636j:plain

f:id:osashimidiary:20190812214656j:plain

夏の水分補給はスイカ(塩付き)とココナッツオイルで素揚げした夏野菜

f:id:osashimidiary:20190819214251j:plain

タルマーリのバゲットと生ハム、レバーパテ

輪島の蔦屋漆器店さんの器も喜んでくださっているように見えて。幸せな食卓でした。