小田原お刺身日記

2018年海の日に始まった「箱根のふもと」暮らし。毎日のように食卓に登場するお刺身を記録したくてblogを始めました。地物は相模湾で、最寄り漁港は早川です。

地物の真ごちと舌平目


f:id:osashimidiary:20190715070433j:plain

こりっとした真ごちは初夏が旬

今日は刺身はいささか真ごちがおすすめだね!
と言われて。ポン酢の方が合う感じー。

f:id:osashimidiary:20190715173345j:plain
小振りな方の舌平目を選んで

最初におすすめされたのは舌平目。
黒い斑点が鮮やかで見るからに美味しそう!

アロゼを頑張ってポアレにしました。
カリっと揚がってから白ワインで蒸して、
ホワイトチェダーチーズを。

美味しい。。

3連休中日のぜいたく。。

ローストビーフと朝採れトマト、鈴木進さんのうつわで


f:id:osashimidiary:20190714121920j:plain

柿安のローストビーフと頂いた朝採トマト

内田鋼一さんプロデュース展の帰り、柿安が目に留まりました。
三重県繋がり(笑)

ご近所のおじさんがくれたトマトは実がぎゅっと硬くて好み。
マスタードたっぷりで頂きました。

美味しい時間がくれること

f:id:osashimidiary:20190712073815j:plain

天ざるそば。天才ー✨

はつ花蕎麦には山芋が入っていて最初はその触感にぎょっとしたものでしたが、すぐ病みつきに。頂いたあとのからだがすっきり整う感じも気に入っています。

小田原店は、箱根登山鉄道の箱根板橋駅前にあります。(わたしは他の店舗には行ったことはなく、行く気もない)建物の外観は庶民的ですが、供されるものに品があり、エネルギーが感じられるんです。(音楽だけは不可思議でよく分からない)

蕎麦茶からして美味しいし(そういうお店が本物だとわたしは心から思う)、山葵もネギもちゃんとクオリティが高い。
ご主人は、蕎麦はもちろん天婦羅の技術も高くて、天才だと密かに思っています(今夜のいんげんの香り忘れられない、茄子の具合、カボチャも車海老も本しめじも)最高でした。
車海老は一口いただく毎に幸せがじゅわぁっと満ちてきて。。✨
タルマーリのパンをいただくときのような幸福感がありました。

純米酒と美味しい一品料理と絶品天ざる(これで並みですよ⁉️)そばをのんびり頂けて3000円でお釣りがきちゃうなんて。このクオリティで考えられない!!店主の優しさがメニュー構成にも素材にも満ちています。

それができるのは土地の豊かさなのか。
気取りや派手さのない小田原に、
飾る必要がないという豊かさを教えられます。

葉山とか鎌倉とかを選ばなかった自分に感謝しながら、この豊かな土地で、わたしも何か生みだしたいと思うのでした。

7月の生牡蠣

f:id:osashimidiary:20190710191915j:plain
知内(北海道の真牡蠣)、彩夏(長崎の岩)、的矢(三重のこれは岩)
Oyster Bar ジャックポット丸の内は、皇居と東京駅の間にある三菱商事ビル地下にあるお店。今日は、いつも混んでてまだ行けてない東京ミッドタウン日比谷のオイスターバーを調査しようと神田から向かっていたのですが、疲れて、近場かつ間違いないこちらのお店で下車。正解でした。
ハッピーアワーで半額の生牡蠣が、真牡蠣と岩牡蠣1種類づつ!!なんて素晴らしいー✨🍻🎶

f:id:osashimidiary:20190710185813j:plain

Oyster Bar ジャックポット丸の内

ここ、牡蠣開けがとても上手なんです。

f:id:osashimidiary:20190710190032j:plain

生牡蠣は開け方で味わいが決まる


生牡蠣に合う泡と、絶品な燻製牡蠣のオイル漬け2Pと高品質な生牡蠣5Pが、3000円でお釣りがくるのだから、素敵。よくも悪くも都会は磨かれる訳だわ。

www.jack-pot.co.jp

タコ、甘海老、まぐろ


f:id:osashimidiary:20190708001944j:plain

タコ、甘海老、まぐろ

 

七夕って何かわからないけどわくわくしませんか?
これから楽しい夏に向かっていく季節感もスピードになって、昔から好きな日なんです。

小田原に暮らし初めて初めての七夕の夕げです。
最大の変化は大きらいだったまぐろが好きになりつつあること!!!重金属を気にするのを止めたとも言えるのと、やっぱり鮮度がいいと味が違うんだなあー。
あと、産地と栽培法におおらかになったこと。

この変化には何がどう作用しているのだろう。
豊かさが自然と満ちてる日々の暮らしの積み重ねが、
わたしだと思っていたわたしを変えていきます。

くにさきOYSTERのシカメガキ

f:id:osashimidiary:20190707231348j:plain
ひたすらにクリーミーなのがぷつっと終わる、極ツンデレ生牡蠣。塩みは爽やかで少しニガリを感じるのが後を引きます。
この倍の大きさがあるとフレーバー的にはベスト。つまりそれこそクマモト💖


国東半島✨✨きれいなカキをありがとう。最高です!!
f:id:osashimidiary:20190707231844j:plain


#ittoku.odawara #kunisakioystar #shikamegaki