箱根のふもと暮らし ~小田原お刺身日記~

2018年海の日に始まった箱根のふもと暮らし。穏やかな自然とお刺身が素晴らしい土地の記録(備忘録であり、伝える目的で表現されたものではありません)

小田原お刺身日記について

f:id:osashimidiary:20200416203853j:plain

このブログは、多くの人々が所有している、

高コストで持続的なもの(家・車・家族)を

自覚的に持たずに始める実験の記録です。

 

人の生きる源である「食」に、私は物心つく以前から強い関心を抱いています。

幼稚園の時には生えてる草や畑の野菜や冷蔵庫の乾物で実験を繰り返していました。

 

食は、生命が命を保つための必需品です。

そして私たちは本質的には水も土もつくれません。

栽培技術は発達し続けていますが、

基本的に地球からのいただき物であることにも、

何か生命の象徴を感じています。

 

現時点の人間にとって必需品であるにも関わらず恵みである食べもの。

時間軸で見たときも面白くて、

生命が続く限り身体は栄養と水を必要とし、一時的なので、

常に今ここに位置していると言えます。

 

(フードテックは、同じ文脈で非常に気になる動き) 

 

日々、惹かれたものを媒介に、

季節や時間や世界を知り、

自分や環境を発見していく、

そんな単純な喜びを淡々と記録します。 

 

2021.8.19(&24)