箱根のふもと暮らし ~小田原お刺身日記~

2018年海の日に始まった箱根のふもと暮らし。穏やかな自然とお刺身が素晴らしい土地の記録です。

not is SASHIMI

刺身以外の食卓。器のこと。

変化と天使たち(『ベルリン・天使の詩』)

今日は、1987年に『ベルリン・天使の詩』を世に出したヴィム・ヴェンダース (Wim Wenders, 1945年8月14日 - )監督の誕生日です。 彼の生まれた1945年、ドイツと日本は無条件降伏を受諾し、 第二次世界大戦は終結しました。 www.youtube.com www.youtube.co…

sylvie guillem - in the middle somewhat elevated

この舞台の初演に受けた衝撃を思い出す、2020年8月11日の夏の夜です。 世間はお盆休み。私は仕事始めの本日。 www.youtube.com その場の心地よさを保つためのうわべの会話、 慣習的な礼儀、習慣的な付き合い、 周囲と調和するための振る舞い、 全て無用だと…

畑と海

人参と南瓜のポタージュスープ 真イカ(石川産)のサラダ

盛夏のガパオライス

採りごろのバターナッツカボチャはイノシシに先を越されました。無残・・・。 やはり、柵なしネットなしの地面植えは無防備でした(涙)全滅しました。 棚を作るとカラスに狙われるし、カボチャは動物達に大人気なんだそう。 この↑カボチャ、このまま完熟し…

台湾風丼ぶり

台湾をイメージしながら、鰻と豚モツ煮の丼 ぷりぷりでした♡

ヤングコーンとメバル

鯛のフライと獲れたてヤングコーンのサラダ 鯛のフライは大好きな早川の「魚由」で購入したものを揚げただけ。 畑から、胡瓜とモロッコエンドウとエゴマの葉っぱとボリジ。 花付きが早く枝の弱いボリジを畑に植えたのは失敗でした。 タネができたら来年は庭…

月曜日のディナー

酢締めのイワシと鯵と新玉ねぎのディナー お弁当に詰めきれず残った生しらすの卵焼きと共に。 新玉ねぎを出刃包丁で切ると甘さのでる厚み角度が出来ておすすめです。 もう、これだけで満足でした。 ◇ と言いつつ、23時近くにお腹が空き、 海鮮ちゃんぽんを作…

夏野菜の素揚げと素麺

この可愛いつる植物の名前を思い出したい アケビ?のような・・・アケビか? モロッコいんげんとナス、モロヘイヤの素揚げ 高松時代の父が作った焼き締めの器で素麺を頂きました (こういう絵をずっと撮ってみたかったので頑張って片手で撮影してみました!…

時間を重ねると

2020.5.8 ハトムギの発芽 2020.6.21 八丈オクラを覆い隠すハトムギ この変化が面白くて、本当に目を離したくないです。

今日の頂きもの達とランチ

プチ?トマトの棚 見事!! バターナッツカボチャが埋もれています プチトマト、ナス、胡瓜、人参、空芯菜とエゴマの間引き菜、モロヘイヤ、モロッコいんげんとプラム いただき物のプラムは、育て主と同じような輝き アリサンが輸入し名古屋の会社が販売して…

地物のイサキと大浦太ごぼう

イサキ、ふっくら カタバミは朗らかに咲く 大浦太ごぼうと厚揚げ、大根の炊き合わせ 「ごぼうの中で一番美味しいと思う!」と、 育てて掘り出したばかりの大浦ごぼうをいただきました。 ごぼうは大好き。20cm鍋いっぱいに、厚揚げと大根を一緒に お酒と醤油1…

鰯のスパイスカレー

カタクチイワシのカレーと、アメリカフウロの花 アメリカフウロは、ゲンノショウコのいとこみたいなヤツだそうですよ。 香りを引き出すよう、各種スパイスを60度前後の白ゴマ油で炒めます スパイスの香りが立つ適温はそれぞれにあるのですが、間を取りました…

アジの干物バゲット

Saeのバゲット、浅く塩で揉んだ蕪の葉とアジの干物 暑い中で作業疲れした体が求めていたまま、冷蔵庫のもので作ったオープンサンドです。 美味しくて作る側からなくなりました 冷蔵庫の中身、ついストックして安心したがるので、もっと循環させていきたいな。

野菜ランチ、〆鯖&鰹ディナー

いただいた瑞々しい蕪とホウレン草 甘い甘いサヤエンドウ 野菜のパスタ、ニンニクとパプリカのオイルソース ほうれん草を軽く茹で、ぎゅっと水分を絞ったら、粗く刻み、ニンニク風味にした菜種油をまぶすように炒めて。その鍋肌にパプリカもたっぷり投入、優…

至福の朝ごはんシリーズ

先週末 筍の姫皮入りお味噌汁、大根菜ごはん(ササニシキ) 今週末 大根と押し麦と庭で育ったブロッコリーのスープ

Arts & Science

ディルとキャットニップの発芽 養老さんの記事

アカゼモロアジの塩焼き

コリアンダーとフランスのチーズと

ずっと好きでたまらないもの

ずっと好きでたまらないもの。私のそれは海です。 海の中で異物の私を保護してくれる機材たち 初めて海に連れて行かれた時から今日まで、ずーーーーーーっと、大好き。 海を見ると「漬かりたい」スイッチが入り、その欲求は抑えられません。 物心つく以前、…

植物蒸留Vol.5「鳥取産松葉蟹」

父親の友人(陶芸家)に高松から持たされた直径45cmの大皿が、初めて本来の役目を果たした 最近、人を介して頂き物をする機会がますます増えているなと思うのですが、 今日は「松葉蟹」が届きました・・・!!!!!!!!! 予感していたとおりに本日は、植…

容れ物と中身

鯉に関心を持ち覗き込む3歳児。私たちはなぜ生き物に惹かれるの? 彼は泳ぐ鯉を見て、餌をあげたくなる。 手近に落ちてる紅葉の落ち葉を池に落とすが、鯉は食べないことが分かる。 もそっとした有機的な塊を見つけて、これは食べるかな?と投げたら、鯉が、…

うつわ菜の花

丸山正 黒着物のパフォーマンス。書家の華雪さんの態度が素晴らしい 床の気配、石と土とひかり 小田原市内でいちばん好きな場所。 utsuwa-nanohana.com

駆け足で2019年の長かった夏の終わりを振り返ってみた

9/16(月・祝) 桃とカツオ 9/19(木) 甘鯛 9/28(土) 無塩雲丹のロースト、他地魚2種 9/29(日) カツオ 10/5(土) 江の浦の景色 10/6(日) 太刀魚の炙り 10/12(土) 台風19号接近中の夜ごはんは↓ 煮汁に数日着けてから焼いた子持ち鮎(絶品!) そして、 ひとまず…

9年目の能登

狼煙漁港 界隈最大のキリコ 満月の夜に浮かぶキリコ お宿の夕餉 舟屋 二三味さんの蕎麦畑 蕎麦やさんに葡萄の絵をはっけんして悶える 輪島の夕焼け

最愛の金子製麺の素麺、夏野菜の素揚げ

新月の日の素麺と、夏野菜と、新生姜 素晴らしい1日となりました。 金子製麺素晴らしく美味しかったです。

夏野菜の手巻き

朝採れゴーヤ、大葉、胡瓜とアボカド、豚バラ 目に涼やかです。これをまきまきします。 夏野菜全部乗せ いくつでも食べられる夏ごはんです。

ローストビーフと朝採れトマト、鈴木進さんのうつわで

柿安のローストビーフと頂いた朝採トマトgalley ON THE HILLでの、内田鋼一さんプロデュース展の帰り、柿安が目に留まりました。 三重県繋がり(笑)ご近所のおじさんがくれたトマトは実がぎゅっと硬くて好み。 マスタードたっぷりで頂きました。

雨に濡れる江之浦測候所(Enoura Observatory)、からの天正庵跡地「麦踏」

開所当時にはなかった増設エリアに佇む作品「数理模型0010 負の常曲率回転面」に、 雨の日の胆力を見て。竹林の借景は蜜柑畑左雨聴天 ブランクーシ!!?ではありません。 杉本さんのこの土地への畏敬の念をますます感じました。過剰なほどに。旧蜜柑小屋。…

冷やし中華

ニュージーランド産ラム肉で冷やし中華 夏になると食べたくなります。梅醤添え。

二条新町そばの坊

伊豆高原の帰り道に熱海のMOA美術館へ。 ここは3年前、リニューアルされていて。 現代美術作家で江の浦測候所を建てた杉本博司さんが建築家 榊田倫之氏と共に主宰する「新素材研究所」の手と、初めて知りました。 杉本節の実景とのリフレイン。鳥肌がたちま…

eggと花酵母