箱根のふもと暮らし

お刺身が素晴らしくて穏やかな土地の記録でほぼ刺身ログ(2018年海の日からの備忘録なので伝える目的で表現していません)

地蛸(大磯産)

小田原では輸入や水蛸はあっても地蛸が手に入りません。
本当に返す返すも残念なことです。
その窮状を訴えていたところ、知り合いの方が、きょう小田原漁港に蛸が入ったけど、
どうする?と、連絡をくれました。もちろんYES!!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

f:id:osashimidiary:20191103194023j:plain
生きている蛸
久しぶりにみる地蛸さま♡ありがたく買わせて頂き。
塩もみして茹でて、この幸せは独り占めするのはもったいないと思い、
急遽呼びかけ、応えてくださった素敵な方へ、3本の足が嫁入りできました。
幸せの連鎖反応が広がって、私はますます幸せになりました。
f:id:osashimidiary:20191103195218j:plain
茹でタコの重さをはかり冷凍します

嫁入り先からは歯応えや旨みが全然違う!!と感想をいただくことができ、
自分がこの土地に来た意味が、少しはあるのかな、と。
大げさかもしれないですが思える出来事でした。

関わってくださったみなさまにありがとう。

大磯産の地蛸は、横須賀の走水や逗子の小坪や葉山の佐島のと比べると、
大味でプヨっとしていました。海流が穏やかなのかな?