箱根のふもと暮らし ~小田原お刺身日記~

2018年海の日に始まった箱根のふもと暮らし。穏やかな自然とお刺身が素晴らしい土地の記録です。

山葵中毒者のお刺身、そしてキハダマグロの美味しさについて

f:id:osashimidiary:20200415205216j:plain

戴き物の花束。ビバーナムとセージ。

セージのハッとする甘く清い香りに背筋が伸びます。

f:id:osashimidiary:20200416184950j:plain

山葵中毒者のお刺身の食べ方(見苦しい写真ですみません・・)

本日は地物のお刺身3種類。

(ちなみに昨日は2日連続のブリでした)

わたしは山葵が大好物なのです。

もしかしたらそのためにお刺身を必要とするのかな?と思う事すらあります。

 

普段使いの山葵は練りもの(本山葵とホースラディッシュのmix)。

キレイには見えないけど、山葵締めをイメージしてたっぷり塗るのが好きなのです。。

 

石鯛も平目も良かったのですが、キハダマグロの味わいが特に爽やかでした。

お茶漬けのような美味しさが有り、実に心地よかったです。 

キハダマグロの美味しさは、小田原で初めて知りました。(マグロ全般的に同様)

 

エシャロットと切り干し大根と筍の姫皮の甘酢漬けを3種類の菜っ葉に散らし、

iTTokuさんのドレッシングをかけたて完成。

毎日お刺身でも、全然飽きない理由がわかってきた2年目。

 

今、困難や大変さが、人それぞれにあると思います。

同時に人それぞれの財産を持っています。

 

わたしは、批判は自分自身の無知と、期待の方向性に気づく条件反応だと思っています。

「批判」という易い態度は、結局のところ、自分自身の手綱を人に預けることに繫がる行為だという自覚もあります。(愚痴は聞いてくれる人に対する100%甘えですね笑Lovely)

 

周囲の空気や大きな声に流されず、かつ、社会性ある穏やかな態度で過ごしたい。

そう願っている私に、お能の先輩がシェアされた、

作家、上橋菜穂子さんの文章が響きました。

uehashi.com

uehashi.com

この上橋さんの文章にある、当事者意識に、わたしはホッとします。

国や環境への甘えがなく、自律した態度が有り、とても好き。

 

ひとりひとりの光を放つことが、今、きっと必要です。

世界はひとつづつ変えていける。

 

その主語は、"I"なんだなと、今、見せつけられています。