箱根のふもと暮らし ~小田原お刺身日記~

2018年海の日に始まった箱根のふもと暮らし。穏やかな自然とお刺身が素晴らしい土地の記録です。

箱根七湯巡り_Vol.3 木賀温泉

 

今回は、宮ノ下と底倉と三角形を結ぶ、木賀温泉です。

「めぐる!箱根温泉 箱根観光ガイドブック」によると、

 

木賀 〜将軍たちにゆかりの湯〜

12世紀末、鎌倉幕府の将軍源頼朝に仕えた木賀善司吉成が重病を癒したという伝説もある温泉。江戸時代には箱根七湯の一つとなり、徳川将軍家への献上湯にも選ばれました。明治時代初め東京医学校(現東京大学医学部)に招かれていたドイツの医師ベルツ博士や軍人ルボン将軍らがこの地を愛するようになって、新道沿いは宿が軒を連ねるほど繁栄。

 

 とのこと。

f:id:osashimidiary:20201105213609j:plain

本日のお宿。

裏切りはありつつも(食以外高級感はなかった)、

全体的に許容できる感じ(特に景色と食事は素晴らしい)、

しかし湯治を目的とする場合において、再訪はない感じ、

なぜならぜいたくすぎるからです。な時間を過ごさせて頂きました。

 

源泉掛け流しではありつつ、そっけないのは何ゆえか。。

源泉はすごく良かったので、加温のせい?塩素消毒のせい?

f:id:osashimidiary:20201105221042j:plain

実に気持ちの良いお部屋でした。普通に泊まりに来たい!

f:id:osashimidiary:20201105221757j:plain

美しくて楽しい食卓でした。

 

f:id:osashimidiary:20201105221955j:plain

海老しんじょの蒸し物(左)。この一品の品の良さが満足度を決定します。

お刺身はサーモン、マグロ、車海老に北寄貝という姫っぽさ♡

f:id:osashimidiary:20201105222435j:plain

お部屋の絵も、心落ち着く良い質感のものでした。漬かる梅のあるチャーミングな油絵。

 

f:id:osashimidiary:20201105222936j:plain

温泉成分表

 

f:id:osashimidiary:20201105223134j:plain

朝ごはんの豚しゃぶ

 

なんというか。ですね。3回目にして、自分の求める

「ソロ湯治」のあり方が掴めてきた気がします。

 

おそらく、箱根においてはですね。ソロ湯治に宿泊は不要かもしれません。

楽しいのだけど。そこは求めていないのだし。

 

掴めてきたところで。次週は湯河原に遠征予定です。

 

<記録> 

www.hakonekazan.com

総合評価 ★★★☆☆

温泉   ★★★★☆

食事   ★★★★★ *接客含

客室   ★★★★☆

接客   ★★☆☆☆

コスト  ¥21,350(¥11,550 Gotoトラベルクーポン)