箱根のふもと暮らし ~小田原お刺身日記~

2018年海の日に始まった箱根のふもと暮らし。穏やかな自然とお刺身が素晴らしい土地の記録です。

コノシロのフレンチ風サラダと「神奈川県立生命の星・地球博物館」

f:id:osashimidiary:20210804201004j:plain

konoshiroのサラダ

コノシロという可愛いお魚がいちび¥100(税抜)で売られていました。

お目々キラキラ、見るからに新鮮で美味しそうです。

お刺身でも酢締めでも煮付けでも焼き物でも美味しいって素敵。

 

何と、コハダが育ったものをこのしろというのだそうです。へー!

www.zukan-bouz.com

酢締めにして1、2日寝かせると良いというので、そうしました。

フレンチマスタードとぴったりで、美味しかったです。

 

f:id:osashimidiary:20210804201259j:plain

尾ビレの長いヒモが可愛いです

20センチくらい。一物全体をいただくに、ちょうど良い大きさですね。

3枚おろしにした真ん中は、お味噌汁にしていただきました。

 

ごちそうさまでしたー!!

 

🌟今日のおでかけ

「神奈川県立生命の星・地球博物館」

f:id:osashimidiary:20210817004216j:plain

企画展「絶海の自然」で展示されていた光合成をやめた植物の標本。面白い!

f:id:osashimidiary:20210817004543j:plain

この説明で面白かったのは、太陽エネルギーは循環の過程で減少していくと説明されていた点。ビジネスでは逆に工程を経るごとに価値を高めることが求められるから。

(↑いろいろな仮説や展開が考えられるなと妄想↑)

f:id:osashimidiary:20210817004935j:plain

かっこよかったー!!

f:id:osashimidiary:20210817005350j:plain

1700〜1500万年まえの日本列島は富山やしい型付近までは熱帯で、北海道中部まで亜熱帯。

去年と同じ今年があるわけではなく、時間には今この瞬間しかない。と悟らされる、

とても好きなキャプションの一つです。