箱根のふもと暮らし

お刺身が素晴らしくて穏やかな土地の記録でほぼ刺身ログな2018年海の日からの備忘録。(伝える目的で表現されていません&すみません!)

山の畑でお喋りに捕まり根掘り葉掘り聞かれて疲れた日の夕食

f:id:osashimidiary:20220130120301j:plain

ホウレン草の間引き菜サラダ。見た目地味ですが箸の止まらないとはこのこと。

ホウレン草は、パスタを茹でた後のお湯にくぐらせて、

余熱でサッと茹でました。くたっとなる寸前の感じが好き。

ちなみに若葉なのでシュウ酸は少ないみたいで、

苦味はほぼなく、生でも大丈夫そうです。

(シュウ酸は結石の元、水溶性なので、茹でて水にさらして溶かします)

 

サラダの和え衣は、大和屋さんの守口漬けにセロリを漬けたものと、

mitomoさんのバルサミコ酢、ヒマラヤ岩塩少々。

 

白ワインに合う感じのサラダになりました。

f:id:osashimidiary:20220130124231j:plain

阿波尾鶏のトマト煮とトマトソースのパスタ

丸いホウロウのお鍋↓に、

www.tatsumiyoshiko.com

ニンニク2片をスライスしたら、

たっぷりのオリーブオイル(↓このグリーンの方)

shop.myakuson.co.jp

でゆっくり香りを抽出。この時間が堪らなく好き。

そこへ、皮を下にしてもも肉を入れ、焼き色をつけます。

中央に据えて、下半分にオイル、上半分にトマトソース。

数種類のスパイスと白ワインを加えて、

(今回はクローブ、シナモン、オールスパイス、黒胡椒、グリーンカルダモン)

火を留めてから、ブロッコリーとルッコラを加えて、

固めに茹でたパスタを加えたら蓋をしてしばしくつくつ。

 

私の場合、人に疲れると、お肉の力が必要になります。

エネルギーを吸い取られてるんでしょうか(笑)

今回はスーパーにいてくれてる阿波尾鶏に目が留まりました。

普段はお肉を食べたいとほぼ思わないのに不思議です。

しかも、これまた普段食べたいと思わないもも肉!!

 

この日も食べ物の力に救われました。

ごちそうさまでした✨