箱根のふもと暮らし

箱根のふもとで出会った素敵な時間。2018年海の日からの記録です。

地アジ、オイスターリーフ、ヤブカンゾウの蕾と。

年齢を重ねて良かったと思うことは多いです。

その一つに、たくさん食べたいという動物的な欲望が薄れ、

生物種としてのコントロール軸から離れて、

穏やかに生きられるようになってきたことがあります。

 

(謎に、大きな声では言えないのですが、日本人=米っていうのも、美談で、思い込みだと思いますw 限界集落で10年間田んぼのお手伝をさせていただいた経験後の目覚め)

 

西湘(湘南の西エリア)愛が満ち満ちた本日のディナー♡

相模湾を泳いでいた鯵と、相模湾を見下ろす丘で育った芳香植物達のサラダ。

オイスターリーフ、

www.murakamifarmsp.com

季節限定のその蕾(ピンク)とお花(青)、

ヤブカンゾウの蕾(オレンジ)、

リーフレタス、

コリアンダー(パクチー)は、

海の見える丘(山?)で、

お預かりさせていただいている畑で、

私が育て(愛で)ている芳香植物達と、

大好きなヤオマサ中町店で昨日買い求めた地鯵。

アジは3枚におろしてこのお刺身とスープに。

 

デザートは、午後、友達の農園で摘ませていただいたプラム(メスレ)。

物流に難しさがあり市場に流通していない、小粒で可愛い品種です。

プラムの森。自然農法、パーマカルチャーで育つ、ふかふかの土。

そして、今日は初めてマルシェに出荷させていただくという経験も!!

それは「オイスターリーフ」と「セルバチカ」。

 

今日も、初めてのことに溢れ、豊かな1日でした。